時を刻むほど、ぬくもりはあざやかに。守り伝えたい、桐のこころ。
昔から高温・多湿の風土の日本では衣類の収納に防虫・防湿効果のある桐が使われてきました。桐にはタンニン・パウロニンとよばれる防虫効果のある成分が含まれています。特に桐は呼吸力があります。湿気が多い時は吸い込み膨張し引き出しや扉の隙間を塞ぎ、外気を遮断し乾燥時は素材が収縮し通気を良くします。
さらに桐は他の木材よりも着火点が高く、細胞がくもの巣のように引っ張りあっているため、表面は焦げても中に火を通しにくい性質を持っています。また保温効果もあり、実際におひつにも使用されてきました。さらに桐は日本列島に育つあらゆる木の中で一番軽い木材と称されています。そのため桐箪笥はこのような性質を利用して作られ大切な衣裳を守ってくれるのです。
  • 桐箪笥の特長
  • 着物に優しい理由
  • 得知識
  • 作業工程
  • ご使用に際して

商品案内

  • 木地仕上

    木地仕上

    木地仕上げは桐の柔らかな手触りを直接味わえます。

    商品一覧はこちら

  • 焼桐仕上

    焼桐仕上

    焼桐仕上は手垢がつきにくく、表面の色が変色しません。

    商品一覧はこちら

  • 砥粉仕上

    砥粉仕上

    砥粉仕上はとても雅な印象を与え、防炎効果があり、桐箪笥の防火性が更に向上します。

    商品一覧はこちら

  • 焼桐民芸調

    焼桐民芸調

    焼桐民芸調はデザイン性+機能性が高く、防虫・防湿機能の効果が抜群です。

    商品一覧はこちら

Copyright © 2014 KIRITANSU. All Rights Reserved.